" />

セミリタイア 人気

50代セミリタイア「仕事が辛い」と思ったらとるべき行動5選

2021年12月2日

仕事をやめたいって思ったのはいつ頃?
30年前くらいかなぁ
はぁ? それって入社数年後…www.その割に長く続いたね
会社の辞め方は、誰も教えてくれなかったからね

こんにちは。桜畑です。30余年働いた会社を卒業する時、後輩から「いつから辞めようと思ってたんですか?」と聞かれました。答えは上記の通り、「30年前」です。相手は目を白黒。でも、本当のことです。

気づいたのはずっとあとですが、会社員の「仕事が辛い」のはあなたが悪いのではなくて、「自由と時間」がなさすぎるせいです。
だからといって、すぐに辞めて無職やフリーランスや起業…はリスクが高い。

楽しく余裕をもって働きつつ、セミリタイアや早期退職に持ち込むには、どうしたらいいのか?

退職までにすべき5つのことを、自分の経験から少し長いスパンでお話ししますね。

こんな悩みに答えます

どうして仕事が辛いんだろう?

辞めたあとの生活が思い描けない 

退職の仕方がわからなくて辞められない

1,移動や転職をしてみる

2,3年同じ仕事してると、マンネリになっちゃうな
4、5年で転職すると、新しいスキルもつくし新鮮だよ
人間は飽きる動物だから、自分で環境を変えよう

1-1 やめたい発作は誰しも起こる

多くの人がそうですが、桜畑も仕事に慣れて数年で「辞めたい」発作が起こりました。

仕事が不規則で、プライベートの時間がないのが辛かったんです。

でも辞めなかった。理由は以下の3点

辞められない理由3兄弟

  • お金ないと困る
  • 他にすることがない
  • 辞め方がわからない

1-2 移動・転職で不満解消

なので、残業の少ない部署移動の希望を出しました。

バブルの時期で先輩後輩が次々辞めていました。

なので、「辞められるよりは」と希望が通りました。

取り組むテーマも新鮮で自由度があがり、しかも時間的余裕を回復

「辞めたい願望」は落ち着きました。

1-3 自由度が高いと辛さが半減する

時間的余裕を求めて移動や転職をするのはおすすめです。

絶対的価値からいったら、

收入<時間

時間があった方が、節約や投資もしやすくなります。

仕事の自由度が高いと、

したいこと≒仕事

にすることができるので、仕事の満足度があがります。


そういう環境をつくるために、できることは何か?

諦めないで動いてみるといいですね。

2,プライベートを充実させまくる

車と熱帯魚にお金かかるから、稼がないとなぁ
子育てや家…仕事が辛いとか言ってられないよね
まさにそう。目の前に山があると、がんばって働けるんだよね

2-1 結婚、子育て、家

そうこうするうちに、人生すごろくが回ります。

  • 結婚する 
  • 子どもが生まれる 
  • 家を買う

教育費と住宅費のトラップにはまるとどうなるか?

2-2 辞める暇がなくなる

家事と育児で、別の道を考える暇がなくなります。

0~3歳くらいの育児は、待ったなしの強制労働。

保育園に子らを送って出社。定時で飛び出してお迎え。

机の前に座れる仕事の方が楽かも…と思わせてくれます。

そして今後の教育費と家のローン。やばい、お金がかかりすぎ!

追い詰められると稼ぐぞーっというモードに突入。

辞めたいと思ってたことすら忘れます。

2-3 趣味や好きなものでモチベーションアップ

子育てに限らず、

家や高級車や高いガジェットを買う

サーフィン、スキー、ゴルフ、旅行に行きまくる…etc.

プライベートを好きなことで充実させると、お金がかかる。

よって、がんばって働くモチベーションが生まれます。

仕事が辛い!を吹き飛ばすほど、充実したプライベート。

「辞めたい病」の克服には、こんな処方箋もありますね。

3,なんで仕事が辛いか考える

会社って、拘束時間長いよな
だからこそアンタでも有益なことができるんじゃないwww.
とはいえ、管理され続けているとだんだん疲れてくるのよね~

3-1 子どもが育ってローンが終わると?

50代になりました。

子どもが就職して家を出ます。

ローンが終わります。

教育費、住宅費のトラップからなんとか抜け出しました。

さあ、辞めるなら、今でしょう!

しかし、人間、ずーっと続けてきたことをストップするのは難しい。

ーー長年の経験とスキルで、まだ、頼られ、期待されている

ーー波風立てずに退職すれば、満額の退職金と、年金が出る

50代でも、意外と踏ん切りがつかないもんです。

なので「仕事が辛い」のはなぜか?をあらためて考えてみましょう。

3-2 嫌なことを洗い出す 

女性には「専業主婦」という比較対象があるので、会社員の嫌な点をあげるのは割とカンタンです。

会社員の嫌なところ

  • 拘束時間が長い
  • ワサワサしたオフィスの雰囲気
  • 通勤や都会の空気で疲れる
  • 電話や書類や判子がだるい
  • 体調の悪いときに休めない
  • 家族のピンチの時に動けない
  • 常に人に気をつかう
  • 自分の好きな本が読めない
  • 好きな服を着られない
  • 趣味の時間が足りない
  • SNSなどで、自由に発信ができない
  • 天気のいい日に洗濯物を干せない…………切りがないですけど

「な~にワガママ言ってるんだ!? 働いてたら、そんなの当たり前!!」

と言ってくる「心の上司」?は無視しましょう。

仕事のせいで実はガマンしていること、意外とたくさんありませんか?

3-3 嫌なことがわかると、これからの生き方がわかる

ひとりの人間として「よく考えたら嫌だなぁ」と思うことこそ、自分本来の生き方を考える核になります。

会社員のデメリット=とにかく「自由」がない。

そしてメリットは「安定收入」と「わかりやすいポジション」です。

30年も働いたら、「お金」はある程度たまっている。

「ポジション」は住宅ローンを返したら、特に必要ない。

そうです。あなたも、もう辞めていいんです。

じゃあ、「嫌なこと」のない世界ってどんな生活か?

4,本当にしたかった生活をを思い描く

明るいうちに犬の散歩ができる生活がいいなぁ
年に3か月くらいは、海外で暮らしたい!
大小の夢を、どんどん書き出してみるといいよね

4-1 「こんな生活がしたいリスト」をつくる

先ほどの「嫌なことリスト」をひっくり返します。

すると、望む生活の条件が見えてきます。

例えばこんな感じ…

こんな生活がしたいリスト

  • 自由に時間が使える
  • 静かな場所で過ごせる
  • 満員電車、都会と別れる
  • 意味のない事務仕事がない
  • 体調に合わせて休める
  • 家族のピンチに対応できる
  • 人に気を使わない
  • 好きな本がたくさん読める
  • 好きな服が着られる
  • 趣味の音楽の時間がとれる
  • 自由に発信できる
  • 天気のいい日に洗濯物が干せる…

上記のリストをクリアできる生活とは?

ズバリ!

「セミリタイア ひきこもり 半径500m生活」。

せせこましい夢でゴメンナサイ(笑)。
これが桜畑のひとつの回答というわけなんですよね。

4-2 働いていてよかったことを考える

嫌なことを避けるだけじゃ物足りないよ
自分の強みや特技は活かしたいよね
それじゃ、「会社にいてよかったことのリスト」もつくってみよう!

働いていると盲点になりやすいですが、会社で働く利点もたくさんありますよね。

今、特にここは大事、と思うのはこんなところです。

会社生活のよい点

  1. 強みを発揮して社会貢献し、自己成長できる
  2. 人と協働して何かをつくりだせる
  3. いろんな世代の人と話せる
  4. 生活に困らないお金をもらえる
  5. 最低限の運動になる

4-3 よかったことを自分の生活に組み込む

嫌なことも多い仕事の中で「意義を感じていたこと」は超大事。

もし会社を離れたら、どうやってそれを継続するか、考えます。

今、桜畑はこんなかんじ👇

例えばこんなふうに

①強みを発揮して社会貢献し、自己成長
    ⇓ 
読書、思索、家事、親の家の片付けをしつつ、経験をネットに発信

②人と協働して何かをつくりだす
③いろんな世代の人と話せる

    ⇓ 
当面は趣味の音楽で、いろんな人に会い、共同作業できるのでOK!

④生活に困らないお金
    ⇓ 
貯金・資産收入(わずか)・雑収入(わずか) &節約

⑤最低限の運動
    ⇓ 
散歩、ウォーキング、ジムでかる~い筋トレ

*参考 50代セミリタイア 仕事と共になくして残念なもの/よかったもの ランキング

5,会社を辞める

会社ってどうやって辞めるの?
言い出すの、ドキドキするよね~
決心さえできれば、あとはついてくるから大丈夫!

5-1 会社を辞める 手順とこつ

冒頭の「辞められない理由3兄弟」👇

  1. お金ないと困る
  2. 他にすることがない
  3. 辞め方がわからない←どうする?

このうち、1,2はクリアしたとします。

となると、あとはの「辞め方」だけ。

重要度は「決意を固める」が6割、退職申告と交渉が3割、その他が1割。

辞める手続き情報は、ググればいっぱい出てきます。心強い!

かんたんに言ってこんな感じ。

  • 辞める決心を固める
  • 就業規則、退職の申告期限を確認
  • 直属の上司に言う(メール、チャット、電話はNG 直接対面で)
  • 退職の交渉
  • 正式に辞表を出す
  • 引き継ぎ、片づけ ーーーーーーーーーー脱出!!

   

*参考 リタイア後の資金計画やマインドについてはこちら👇

「50代でセミリタイアしたい」と思ったら、確かめるべき3つのこと

5-2 上司を説得するコツ

桜畑の場合、会社の規模が小さく、フラットな組織だったので、退職交渉は主に社長との面談となりました。

就業規則上の告知は1か月前でしたが、希望日の3か月前から面談スタート。

人材不足のため、引き止め、引き伸ばしにあいます。

でも気持ちが離れているのに、続けるほうがなんだか悪いなぁって思いました。

いろいろとありましたが、最後の交渉で、社長がすっぱりとあきらめてくれた話し方はこんな感じ。

退職を渋られた時、説得のこつ

  • 相手への感謝、尊敬を表す ⇛ ○○さんだったからこそ、ここまでいい仕事をさせてもらえた
  • 会社が対応できない理由を言う  ⇛ 長年働いた疲れ 100%の状態で働けない 家族に時間を使いたい
  • お願いでなく決意を伝える ⇒ もう決めたこと。多忙な中、これ以上交渉の時間を使うのは心苦しい

もちろん、「心からの本当のこと」を伝えるのが大前提です。

5-3 退職届を出す

辞表を出すのは交渉が終わってから…というマナーもあります。

でも私は最初から出して、見せていました。

「退職願」と黒々と書かれたドラマに出てくるような封書を用意。

インパクトがあって、決意のほどが伝わりやすくなりますからね。

交渉は、コロナ禍で在宅勤務の多い時期。

1か月ほどかかり、精神的にとても疲れました。

ブラックなところだと、恫喝されたりするそうです😣

どうしても辛ければ退職代行サービスに任せるのもありだと実感しました。

おまけ 誤字に注意!!😂

「退職願」を出したあと、正式な「退職届」が必要な場合もあります。

桜畑の場合、本当は「退職届」は必要なかったんですが、

あとから社長に言われました…

「ボクの名前の文字が間違ってたから、もういっかい出してもらえる?」

………大失態ですね!

手書きでなく、ネット上のテンプレートを使ったんですが…、

みなさん、「誤変換」に要注意ですよ~(笑)

まとめ 「仕事が辛い」=「自由と時間がほしい」

要するに30年かかってようやく辞める話かよ
だましだまし働いて、お金を貯めて自由になろうってこと?
君たちは働く期間をぎゅぎゅっと縮めて、30、40代で脱出できたら、もっといいと思うよ!!

3-1 復習しましょう

「仕事が辛い」と思った時、とるべき行動5選は以下。

  • 移動や転職をしてみる
  • プライベートを充実させまくる
  • なんで仕事が辛いか考える
  • 本当にしたかった生活を思い描く
  • 会社を辞める

1,2は子育てやマイホーム、趣味を充実させつつ、お金を貯めるフェーズ。

「生涯独身でよし」「子どもはもたない」「高収入」「家がある」なら、このフェーズをギューッと短縮可能です。

3,4は会社員生活の現実を見つめ、理想の生活を構想するフェーズ

賢い人なら、会社に入った瞬間に気づいてるかも…。

5,は会社員卒業を、スムーズに実行するフェーズ。

一つの会社に長くいると、組織の経験、記憶を継承する役割も担うので、辞めにくい。

これからの時代は、数年ごとにさら~っと職場を変えて自分で自分を育てるのが吉ですね。

3-2 自由と時間を最優先するために

会社員は、基本、与えられた課題や仕事をこなす仕事です。

やりがい、自己成長、社会貢献、人との出会いや学び、もちろんお金…。

ぜんぶパッケージ化されてついてきます。


唯一足りないのは、「自由と時間」

子育てを終えて卒業してみたら、「自由と時間」こそが人生の最優先事項だったと気づきました。


「仕事が辛い」というのは、「自由と時間」が足りないっていうサイン。

多くの人は「辞めたい」と「もう少しがんばるか」でせめぎあってます。

その「せめぎあってる時間」に思考停止するのはもったいない。

まず理想の生活を思い描く。お金を貯めたり、スキルを磨く、趣味を始める。

あきらめないで、「自由と時間」をGETする方向に、歩んでいってくださいね。

個人はもっと自由に生きていくべきです。好きなことを好きなようにして生きるべきです。崩壊するシステムの中に自己を埋没させるべきではありません。

そろそろ会社辞めようかなと思っている人に、一人でも食べていける知識をシェアしようじゃないか 山口揚平著 より

それではまたっ!

-セミリタイア, 人気

Copyright© 桜畑の庭[人生のんびりブログ] , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.